包茎矯正方法-包茎と女性の本音-

包茎と女性の本音

TOPページ > 包茎矯正方法

包茎矯正方法

正常なペニスの状態とは?

包茎と言っても、仮性包茎を包茎と見なさな医師もいますから、一概に包茎でない事が正常とは言えません。 海外での男性ヌード写真を見ても、包茎でも堂々とペニスを見せてポ?ズを取っているモデルを多く見かけます。

人間の動物では、ほとんど包茎のケースが多く、包茎でない犬や猫を見た事がありません。 包茎と言って騒ぐのは人間だけかもしれません。 人間と動物のペニスの違いは、一言で言えば使用頻度の違いです。 人間以外の動物で年がら年中交尾をするものはいません。

その点で言えば、性交回数の多い人間にとって包茎ででないほうが、都合が良いというだけです。 包茎でない人は、概して性交回数が多いだけで、性交経験が多ければ、包皮の剥ける機会も多くなり、その結果包皮が剥けっぱなしになっているというだけの話です。

▲サイトトップへ戻る

包茎って治るの?

包茎を包茎の外科手術以外に治す方法はあります。包茎のなかには真性包茎やカント包茎など、性交機能の機能不全として、病気として見られるものと、仮性包茎のように機能的に問題とならないモノがあります。

それらはペニスの成長過程で、何らかの問題があって包茎のままであり、本来は性交や自慰などによって解消かされるものです。包茎を自宅でもある程度矯正して改善する事も可能ですが、衛生面で問題があります。(詳しくは仮性包茎の治し方、真性包茎の治し方参照)

成人に達して重度のカント包茎や、真性包茎の状態のままであれば、自宅で矯正する事は難しいですし、お勧めする事は出来ません。包茎の矯正は、何も自宅で一人で悶々とやるだけではなく、正規の医療機関の泌尿科に相談すれば、矯正が可能な症例の場合は、医学的に正しい矯正方法を指導してくれます。

▲サイトトップへ戻る

包茎矯正器具とは

包茎矯正器具とは、包皮を捲れる癖をつけるための矯正器具と考えれば正しいでしょう。パンツ、シール、包茎矯正リングなどさまざまな商品が売り出されていますが、基本的に仮性包茎である事が前提になります。仮性包茎とは、多少痛みがあっても、包皮が剥けて亀頭が出る状態を意味します。

成人の方が、無理に包皮をむいて、かなりの痛みと出血がある場合は、真性包茎もしくはカント包茎と考えられます。その場合、安易に通販などで購入した包茎矯正器具を使用した場合、傷口から細菌が浸入して感染症の危険性や、カント包茎によるペニスの充血や壊疽の危険性もあります。

本来包茎の矯正は、成人になる前から徐々に行なっていくのが望ましく、若年であれば、真性包茎でも包皮と亀頭の癒着が弱いために、矯正する事も可能ですが、癒着が進んだ成人の真性包茎では、ペニスを傷つける危険性が高いと言えるでしょう。包茎矯正器具を使う場合は、事前に陰部を清潔にしておき、手なども良く洗う必要があります。常時縫製矯正器具は常時つける必要がありますが、定期的に洗って清潔に使用することは言うまでもありません。

▲サイトトップへ戻る

仮性包茎の治し方

仮性包茎の治し方と言うのも変な話ですが、仮性包茎の見方を変えれば、平常時に包皮が被っている状態なだけで、勃起時には正常に包皮が捲れて、亀頭が出ている訳です。単に平常時に亀頭が出ている状態にするには、「剥き癖」を付けてあげれば良いわけです。

そのためには、包茎矯正器具やご自分で包皮を剥いてあげれば、徐々にではありますが、包茎も矯正されます。仮性包茎に限って言えば、「剥き癖」がついているかどうかですから、子供のうちから、排尿などの時に包皮を剥いて亀頭を出して行なうように躾られていれば、自慰や性交などを繰り返していくうちに、自然に治っていくものです。それでも癖がつかない場合は、矯正器具などを用いるのも良いと思います。

▲サイトトップへ戻る

真性包茎の治し方

真性包茎と仮性包茎の違いは前のページでもいいましたが 包皮口がせまくて、亀頭と包皮はくっついているというだけですから、包皮口を広げて、亀頭と包皮の癒着をはがしてあげればいいという ことになります。

特に子供やまだ若い人などは真性包茎でもがんばって剥く癖をつけておけば仮性包茎に改善する確率はあります。 実際に個人の人が真性包茎を改善したサイトをみてもそのような真性包茎の治し方を行っています。 真性包茎だから即包茎手術という早合点はしてはいけません。

真性包茎の治し方として、包皮口を広げる包茎矯正器具のようなものもたくさんでています。別に自分の手でやればいいということもありますが包茎矯正器具を使えばより楽に包茎矯正ができるというメリットもあります。あなたの判断でうまく活用してください。

▲サイトトップへ戻る

仮性包茎と皮オナニー

仮性包茎に限って言えば、皮オナニーによって、必要以上に包皮が延びてしまうのが原因とする説がありますが、あまり当てにはなりません。皮オナニー自体によって包皮が伸びるのであれば、カント包茎になるのはどのように説明するのでしょうか。

むしろ仮性包茎でない常時亀頭が露出している非包茎状態のほうが、むしろ剥き癖がついた状態と言えます。そもそも包皮の先端部分の包皮口が狭い事が包茎になる原因と考えた方が、理屈は付きやすいと言えます。カント包茎を含めて仮性包茎とした場合、そのほとんどは包茎口が狭いために平常時に、包皮が縮んでしまうことで包茎状態にあると言えます。

カント包茎の状態は、包茎口が伸縮性を持たないために、亀頭を圧迫して血流を妨げる結果になると言えます。そもそも包皮や包皮小帯と言われる性感帯がありますから、オナニーをする場合に、性感帯のある皮、つまり包皮を摩擦するのは当たり前の話で、皮オナニーのやり過ぎによって包皮が伸びて、包茎になってしまうというのは、何ら根拠のないことと言わざるを得ません。皮オナニーによって、包皮が余ってしまい包茎になるなどと言うことは論外と言わざるを得ません。

▲サイトトップへ戻る

カントン包茎の包皮を戻す方法

包皮口が狭い人が無理やり皮を剥くとか、自慰や性交中に包皮がもとに 戻らなくなってしまうことがあります。この状態はカントン包茎といわれ、そのままの状態で放置すると、ペニスの血流が妨げられて、充血して膨れて色が変わり、最悪の場合壊死してしまうこともあります。 まずカントン包茎で包皮が戻らなくなったら、リラックスすることが重要です。

緊張すれば、それだけ血圧が上がって、症状を悪化させます。興奮状態から早く落ち着くことで、治ってしまう事もあります。包皮がもとに戻らないのは、亀頭のカリに引っかかっているだけです。亀頭を摘むような感じで一分間ほど解すようにして、 亀頭に入っている血液を押し出すように、ペニスの根元に向かってしごいていきます。

少し落ち着いたらば、カリに引っかかっている包皮口を周りの包皮を摘んで広げるようにして引っぱります。大体ここまでやれば元に戻りますが、亀頭が紫色に変色し始めて、一向に改善されない場合は、泌尿器科に行って下さい。

▲サイトトップへ戻る

薬剤療法

包茎の矯正法でも、「亀頭部増大固定法」は、亀頭にコラーゲンやヒアルロン酸などを注入し、余った皮を止めてしまうと言った薬剤を使った療法です。 注入する薬剤や量は包茎の症状により異なりますが、仮性包茎の軽度なものに限られます。

切ったり縫ったりしませんし、コラーゲンやヒアルロン酸などの無害な薬物を注入するだけですから、美容整形のバストアップより、はるかに安全と言えます。 接着剤を使った療法もありますが、接着剤の接着力が、時間の経過や入浴で落ちてしまい、元の状態になってしまいますが、下手な器具を使うより安全と言えるかもしれません。 どちらにしても、劇的な効果がない替わりに、副作用や失敗もないと言えます。

▲サイトトップへ戻る

切らない包茎手術

包茎手術と言うとすぐに、包皮を切開して、切った包皮を縫合するように思われがちですが、矯正手術とも言うべき手術法も、包茎手術の中にはあります。 美容整形などで使われる美容外科用の糸を利用して、亀頭が出ている状態で包皮を固定してしまうナチュラルピーリング法はその代表です。

根元部固定法もナチュラルピーリング法と同じ発想で、糸の替わりに接着剤を使うものです。 これらは名前こそ手術と言っていますが、言わば矯正法の一種とも考えられます。 これらの良い点は、元の状態に戻せる事です。

矯正を選ばれる人の多くは、包茎手術による失敗を懸念されているからで、確かに下手な病院にかかった日には、取り返しのつかない状態で放り出される事もあります。 包茎手術の選択肢としては、矯正手術も賢明な選択と言えるでしょう。

▲サイトトップへ戻る

包茎手術体験談募集

クリニック募集